古くなった盆提灯の処分の仕方とか

盆提灯の処分の仕方

古くなった盆提灯の処分の仕方とか

古くなった盆提灯、どうしてる?みんなの家にも、お盆になると出てくる、ちょっと懐かしい感じの提灯。でも、年々ボロボロになってきて、そろそろ「さよなら」の時期かなって思い始めてる人、多いんじゃない?でも、いざ処分しようと思っても、どうすればいいのか分からないよね。だから今日は、そんな古くなった盆提灯の上手な処分方法について、サクッとお話しようかな。

 

まず、大前提として、盆提灯はただの飾りじゃないからね。故人を偲ぶ大事な役割があるから、処分する時もその気持ちを大切にしたい。じゃあ、どうするか。一番のオススメは、「地域のルールに従って処分する」こと。地域によっては、盆提灯を特定の期間に回収してくれる場所があるから、まずは役場や市のホームページをチェックしてみて。

 

でも、「そんなサービス、うちの地域にはないよ」という場合もあるよね。そんな時は、「リサイクルショップ」や「フリマアプリ」で新しいオーナーを見つけるのもアリ。意外と需要があるかもしれないし、大切に使ってくれる人の手に渡れば、故人も喜ぶかもしれないよね。

 

さらに、自分で何か新しい形に生まれ変わらせるっていうのも、一つの方法。例えば、提灯の布部分をクッションカバーやバッグにリメイクするとか。クリエイティブな活用法は無限大だから、自分なりのアイディアで挑戦してみるのも楽しそう。

 

でも、どうしても処分しないといけない場合は、「燃えるごみ」として出す前に、一度神社やお寺に相談してみて。場合によっては、供養してから処分してくれるかもしれないよ。大事なのは、感謝の気持ちを持って手放すこと。そうすれば、故人もきっと安心するよね。

 

最後に、処分する時は、やっぱりちょっと寂しい気持ちになるかも。だけど、その提灯が長い間、家族を照らしてくれたことを思い出しながら、感謝の気持ちを込めて送り出してあげよう。そして、新しい提灯を迎える準備ができたら、また新たな思い出を作っていくんだね。

 

古くなった盆提灯の処分、ちょっと考えただけでも大変そうだけど、この話が少しでもみんなの役に立ったら嬉しいな。お盆って、家族や故人を思い出す大切な時期。提灯一つ一つに込められた想いを大切にして、これからも素敵なお盆を過ごしていこうね!
盆提灯どこで買える


inserted by FC2 system